損をしない!離婚調停の有利な進め方

浮気調査・浮気チェックのGPSレンタル【セルフ探偵ドットコム】

トップ>>セルフ探偵 お悩み教室>>損をしない!離婚調停の有利な進め方

損をしない!離婚調停の有利な進め方

損をしない!離婚調停の有利な進め方

全てが話し合いで解決できるほど離婚は甘くありません。

養育費、養育権、また慰謝料なども色々話し合っていくために離婚調停にもつれ込むカップルも実はとても多くいるんです。

調停で優位に物事を進めるためには、離婚の話し合いの前にしっかりとした準備が必要です。

離婚したいと思った理由別に調べて置くことは異なる

離婚をしたいと思った理由は人それぞれでしょう。
でも、それぞれの理由の裏づけになる証拠をしっかりと確保して置くことが離婚調停をスムーズに進めるコツです。

○ 浮気をされたケース
相手に浮気をされた場合、もちろん興信所や探偵を味方につけ写真などの物的証拠をゲットするのは有効手段。

写真が決定打になりかなり高額の慰謝料をゲットできる場合もあるのでプロにお願いするのが一番良い方法です。

でも、お金が無いという場合は、旦那様の着信履歴、メールの内容などを写真に収めたり、帰宅時間などを調べて会社に裏づけを取る方もいらっしゃいます。

○ DVをされていたケース
日付と言われた言葉を常にメモに残して置くことが大切。
決定的な証拠が作りたいと思う人の中には、小型のボイスレコーダーをポケットに入れた状態で旦那を挑発し、怖い言葉、乱暴な態度などを引き出すというツワモノも。

また、心療内科に行き診断書を作ってもらうことも忘れずに行いたいところです。この診断書があると、俺はやっていないと言い逃れができなくなります。

○ 性格の不一致のケース
離婚理由で一番多いのが性格の不一致。
どんな事を言われ、自分がどう思ったのかというのを日記風に残しておくのも良い方法。
でも、かなりの理由が無い限り「性格の不一致」だけでは慰謝料は取れません。
養育費だけがギリギリのラインかもしれません。

相手の貯金、把握していますか?

離婚調停をした場合、財産は夫婦で半分というのが通常のルールです。

しかし、その時点で有り金をすべて答える人というのは少ないのだとか。
調停の時に把握できない金額は、全て相手の貯金になってしまうので均等に2分の1という分け方ができなくなります。

離婚前にある程度相手の貯金を把握したり、預金通帳を確認しておくなどの下準備は忘れずに行いたいところです。

離婚調停の話し合いに弁護士を同席させるほうが良い

離婚調停の話し合いに弁護士を同席させるほうが良い

お金に余裕があるのであれば、離婚調停の話し合いの最中に弁護士を同席させるのが良い方法です。

色々な希望を上手く伝えられなかったり、悔しくて感情的になると、あなたへの印象を悪くするだけです。
そのため、介入させて良い第三者を入れ、冷静に話を進めるのが良い方法です。

お金に余裕が無い場合は、しっかりといいたい事をメモして置きましょう。
交渉は先に条件を提示した方が勝ちを見る場合が多いので、要求はさっさと出してしまいましょう。

女性で子供が居たりすると、これからの生活が不安なために、お金のことにはシビアに考えていく必要があります。
冷静に調停で話し合いをするためにも、証拠集めをきっちりと前もってやっていく方が良いでしょう

レンタル申込み
お問合せ
最短お届け日
ログイン
ガラケー


スタッフブログ
会社概要
セルフ探偵 お悩み相談室
お問合せ・お申込みは TEL:0120-27-9090  今すぐ申込み